ヘルシーという言葉をどう捉えるか。これによって何を食べるかが変わってきます。

ameblo.jp

1.何にも気にせず何でも食べる。

2.害を与えると思われるものを避けて食べる。

3.栄養になるものを積極的に食べる。

 

マクロビなどの食事法はどちらかというと2寄りではないでしょうか。動物性たんぱく質を避けたり。

お砂糖や糖質を避けるのは確かに必要でしょうね。ただし、それだけではやはり栄養不足になることが多いようです。

糖質の過剰摂取はよくありませんが、ちょっとやそっと糖質を摂取したからといって体調がおかしくなるのではなく、普段からきちんと栄養を摂取し、多少いわゆる体に良くない物質が入ってきたとしてもびくともしない状態を作り上げる。ここに向かっていきたいものです。

野菜はなんでかクリーンなものというイメージがあります。動物と違って生命を奪っている感がないせいかもしれません。でもこれは本質的には同じものだと思います。野菜を食べることだって野菜の生命を奪っているわけです。要は人間は他の生命を食べることで生きている生命だということです。

野菜も生命です。種の保存を目指すためには、食べられる際に毒を出す植物だっているでしょう。もしくは小麦粉や米などの炭水化物は人間においしいとおもってもらうことで大繁殖しているということもできそうです。

強い体を作り上げるには何を食べればいいか。これをヘルシーという言葉の軸にしていきたいと思います。